【猫の飼い方】猫を飼うのって、どうしたらいいの?どんな生活になるの?

【猫の飼い方】猫を飼うのって、どうしたらいいの?どんな生活になるの?

猫を飼おうと思った時、必要なのはどのような準備なのでしょうか。お迎えするための準備から、飼い始めてからの注意までをご紹介します。

  • サムネイル: mogmog
  • 更新日:

猫を飼うためには、どのような事が必要でしょうか。
飼い方の全体をご紹介します。

もくじ

・猫を迎えるときに必要なこと
・猫を飼い始めるときに必要なこと
その他、「猫の飼い方」に関する情報

猫を迎えるときに必要なこと

1.猫を迎える心構え

猫ちゃんと一生を過ごす心構えはあるでしょうか。
楽しく安心できる毎日にするためにも、始めの心構えは大切です。
飼うことができなくなる理由は、主に以下のようなものがあります。

・ペット禁止の物件でペットを飼っていた
・家族に猫アレルギーが出た
・近所から苦情が来た
・仕事の関係で住居を移動する

猫ちゃんをお迎えするために、しっかりと環境を整えておく必要があります。経済的にも環境的にも、無理がないような状態で猫ちゃんを飼うようにしましょう。

2.猫に出会う方法

猫ちゃんと出会うことができる場所は様々です。
ペットショップやブリーダーはもちろん、愛護団体や里親などがあります。

どの方法が自分に合っているか、よく検討してから猫ちゃんを探すようにしましょう。

3.猫を選ぶ時の注意点

【性格】
純血種の場合はそれぞれ特性があり、性格に違いがあります。
その猫の種類の性質など調べておくと、飼い主さんにとっても猫にとっても無理なく楽しく過ごせるでしょう。

【お手入れ】
特に長毛種の場合はきちんとしたグルーミングが必要です。
毎日その時間を持てるのかどうかも選ぶポイントとなります。

【病気】
捨て猫の場合は病気や虚弱体質の可能性もあるので、保護した捨て猫を新しい家族として迎える場合は、早めに動物病院の診察を受けて、必要な場合は治療を施してもらいましょう。

【運動】
猫の種類によっては活発な猫ちゃんもいます。
それだけの運度量が確保できる環境なのかも考えてみましょう。

4.子猫を迎える準備をしよう!

猫ちゃん、とくに子猫は好奇心が旺盛です。

危ないものはできるだけ見えないところに移動させ、心地よい空間を作るようにしてください。
環境づくりのポイントは次のようなところがあげられます。

・ベッド
・トイレ
・おもちゃ
・フード
・キャリーバック

特にトイレとフードは猫ちゃんが生活していく上で重要になるため、必ず揃えてあげましょう。余裕があれば、高所に猫ちゃんが休めるようなスペースを設けてあげると、猫ちゃんのお気に入りの場所となり、くつろげる場所が増えます。
猫ちゃんが遊べるようなおもちゃも数個用意して、運動不足にならないようにしてあげましょう。

猫を飼い始めるときに必要なこと

1.新しい環境に慣れさせるのが第一

初めて新しい環境に来ると、不安がいっぱいです。
まずは、慣れることができるようにそっとしてあげてください。
最初の印象がとっても大切です。

具体的には…

・寝ているときは邪魔をしない
・慣れないうちは大勢の人に合わせない
・家は存分に探検させる
・危険なものは撤去

のような注意点があげられます。

2.トイレをしっかり教えよう

1.猫のトイレは決まった場所に置く
2.トイレを探す仕草をしたら、トイレに連れて行き排泄させる
3.繰り返すことで、トイレに自分から行くようになる

トイレの場所は、猫が落ち着いて排せつできる所。
リビンクの隅などに設置するのがよいそうです。

3.食事について

常に用意しておくべきものとしては、次のようなものです。

・年齢にあった総合栄養食
・水
・猫草(食べない猫もいます)

猫ちゃんの体も、毎日の食生活が大きく関係します。
猫ちゃんの様子を見ながら、食事にも気を配ってあげてくださいね!

4.健康管理とワクチン接種

定期的に健康診断を受けることが大切です。

きちんと検査し、予防するためにもワクチン接種を受けましょう。

生後2ヶ月と3ヶ月の2回受けたあとは、毎年1回の接種が必要となります。

5.身元がわかるようにしておこう

突然、迷子になったり、トラブルは発生することもあります。

そんなときのために、マイクロチップや迷子札の検討もしてみてください。

6.なでながら健康チェックを

猫ちゃんが触ってほしいときに、近づいてくることがあります。
そんな時には、全身の健康チェックも兼ねてあげてください。

耳を平らにしたり、しっぽをパタパタさせたり、足であなたの手をはねのけたら、猫ちゃんがやめてほしいと思っているサインなので中断しましょう。

子猫のときから、触られることに慣れていると健康チェックもできるでしょう。
また、痛みによって噛んでくることもありますので、その場合は獣医さんに相談した方がよいかもしれません。

以下、健康チェックの際に確認したいところです。

・目やにが出ていないか
・耳垢がたまっていないか
・全身を触っても嫌がらないか
・鼻水が出て田舎
・毛艶があるか

その他、「猫の飼い方」に関する情報

猫の飼い方について、まとめてあるサイトをご紹介します。
もっと、詳しく知りたい方は、こちらも参考になさってください。

さいごに…
新しく来る猫ちゃんにとって、頼れる相手は飼い主さん、ただ”1人”です。
たくさん考えて、猫を飼うことかどうか判断してください。

飼い主さんにとっても、猫ちゃんにとっても楽しい毎日となりますように。

内容について報告する