グレート・デーンの飼い方としつけについて 基本を知って仲良くなろう
出典 : Ricantimages/Shutterstock.com

グレート・デーンの飼い方としつけについて 基本を知って仲良くなろう

大型犬の中でもとくに大きなカラダを持ち、ゆっくりとした歩調で堂々と歩く姿が印象的なグレート・デーン。昔は猟犬や番犬として活躍したこの犬とは、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。性格やしつけについてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

グレート・デーンの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Eric Isselee/Shutterstock.com

グレート・デーンはカラダが大きく迫力があるので怖がられることが多いのですが、とてもやさしく温和で友好的な性格の持ち主で、「やさしい巨人」と呼ばれているほどです。繊細な一面もあり、見知らぬ人に対しては大人しく気を配って接することができます。

飼い主に対しても従順かつ献身的で、頭もいいのでしつけのしやすい犬といえます。さらに、人懐こい性格も持ち合わせているので、一緒に暮らすパートナーとしての魅力は充分にあります。ほかのペットや犬とも仲良くすることができ、相手が挑発してきてもそれに乗らない忍耐強さも兼ね備えています。

大型犬なので、子どもがいる家庭の場合は接し方が気になるところですが、グレート・デーンは子どもとも仲良く接することができます。きちんとしつけをすれば、行儀のよい家族の一員として過ごすことができるでしょう。

グレート・デーンとの付き合い方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 RugliG/Shutterstock.com

グレート・デーンには、ほかの犬種同様に毎日の散歩や運動が欠かせません。豊富な運動量を必要とするので、朝晩2回は行きましょう。気分転換や、ほかの犬との交流を通して社会化を図るためにも散歩は重要です。

グレート・デーンのような大型で胸の深い犬種は、食後すぐに運動をすると胃捻転や胃拡張を起こしやすいことが知られています。ショックを起こし命に関わることもあるので、散歩は食前に行くようにしましょう。

飼育環境としては、自由に動き回れる広いスペースを必要とします。犬の健康のためには室内飼育が推奨されるので、室内に充分な飼育スペースを確保しましょう。人と一緒に過ごしたがる一面があるので、リビングなどで共に過ごせるといいですね。

グレート・デーンは大型犬なので、飼育するための費用も高額になります。ペットというよりは家族が一人増えるくらいの気持ちで迎え入れないと、充分に面倒をみてやることができなくなるかもしれません。動物病院でも、大型すぎて断られるケースがあるようなので、飼う前にしっかりと下調べをすることが必要です。

グレート・デーンのしつけ・トレーニング

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Anna Hoychuk/Shutterstock.com

グレート・デーンは賢い犬なので、しつけもしやすいのが特徴です。気さくで友好的な性格ではありますが、50kgほどになる大型犬なので、家族はもちろん、赤ちゃん、子ども、お年寄り、男の人、女の人、他の犬など様々な人や犬に早い段階から慣らし、必要以上に警戒心が強まらないようにしましょう。
しつけが上手くいけば、飼い主にのそばに寄り添い、ゆったりと過ごしてくれる最高のパートナーとなります。

大型犬特有の苦労はあるかもしれませんが、心やさしく甘えん坊のグレート・デーンは、周囲に癒やしを振りまいてくれる素敵な犬です。一度結ばれた絆は固く、家族の一員として暮らしていくことができるので、責任を持って接してあげるようにしましょう。

内容について報告する