目の病気にかかり、なかなか里親が見つからなかった子猫 → 今ではたくさんの愛情に囲まれて…♡

目の病気にかかり、1匹でいるところを保護された子猫。病気が災いしなかなか里親も見つかりませんでした……。しかし、出会った人たちの優しさに恵まれ、今では幸せいっぱいの毎日を過ごしています!

  • サムネイル: 蒼樹 りんどう
  • 更新日:

↓こちらの動画で紹介している “お水で遊ぶニャンコさん” は、@sunnyfunny_cat | Instagramさん宅の『サニーファニー(愛称:サニちゃん)』♪
愛嬌のある表情や仕草で、ママさんのみならず、たくさんの人たちをメロメロにしちゃっています♡

そんなサニちゃんですが、実は生まれはお外。
そう保護猫さんなのです。

そして、今の飼い主さんと出会うまでには、大変なことがいくつもあったのです。

保護猫サニーファニーちゃん

2017年8月。
車の下で鳴いていた1匹の子猫を、とある方が保護します。
子猫はまだ生後10日ほど。親猫ともはぐれてしまい、さらに目には病気を患っていました。
このままお世話をしてあげたい気持ちは山々でしたが、家の中には小さいお子さんと犬が2匹おり、飼ってあげるのが難しい状況。

そこで、ケアをしてあげながら、この子の「里親探し」をすることに。

その頃の写真がこちら↓

小さい身体に赤く腫れた目、きっと懸命に鳴いていたのでしょう。

そんな子猫のことを、友人伝いに知ったのが現在の飼い主さん。
ただ当時は、子猫を気にしつつも、将来的には犬を飼うつもりでいたため里親になることは考えていなかったそうです。

しかし
―― 里親募集が始まってから2週間。
目の病気が影響しているのか、子猫の貰い手は見つかりません。

そのことを知ったママさんは、旦那さんと相談し、すぐに子猫を迎えるためのケージやトイレの準備をおこない……なんとその翌日、子猫を迎えに行くことに!

元気いっぱいニャンコさん

このようにして、新しいお家へやって来たサニちゃん。
その当時の様子はというと↓

か、かわいいぃぃいい!!!

ふわふわとした毛にくりっくりのお目めが、とっても印象的です!
実は目の病気は、ママさんが迎えに行った時にはもうほとんど治っていたそう♪
最初に保護した家主さんが、どれだけ懸命にケアしてくれていたかが分かりますね……!

お家にもすぐ慣れ、日に日にたくましくなっていくサニちゃん。
やんちゃっ子パワーもどんどん増していきます!

“ジャンプならお任せ!” と言わんばかりに、本棚にピョーン!
視界もぐんぐん広がって、もう色々なことに興味津々です。

窓際だって何のその!
でも気合が入りすぎて、手すりに頭をゴッツンコ(笑)

いっぱい遊んだ後はお昼寝zzZ
どんな夢を見ているのかな??

こちらは今年の3月 ―― お家に来てから半年ほど経った頃の写真。
その寝顔は幸せでいっぱい!
以前よりももっとリラックスしていますね(*‘∀‘)

ジーーーッ

紙袋があれば、そこにサササッと入ってしまうサニちゃん。
お気に入りの場所もいくつも出来て、気分はウッキウキなのだ〜!

サニちゃんがお家にやって来てまだ1年も経っていませんが、たくさんの愛情に包まれて毎日を送っていることは一目瞭然ですね!

……ママさんは、サニちゃんを知った当時のことをこう振り返ります。

"初めて写真を見た時は目が真っ赤でした。
でも凄く可愛くて可愛くて……里親募集の投稿はずっと気になっていたんです。
目はきっとすぐ良くなる! そう信じ、誰も貰い手がいないなら私たちの所に来てもらおうと、夫婦で決めました。

今では、サニちゃんがいない生活は考えられないくらい大好きです。”

最初に保護してくださった家主さん、そして現在の飼い主さん――。
サニちゃんの周りは、いつも優しさと愛情で溢れかえっています。
それを体で、心で受け止めて、サニちゃんはますます元気いっぱいに毎日を過ごしていくに違いありません♪

ちなみに、サニちゃんが可愛くデザインされたお財布まであったり♪
お財布は、青山PARCO『ミツカルストア』や新宿ルミネの『ライチ』で取り扱い予定とのこと。もしかしたら、街中でその白いもふもふ姿を見ることがあるかも……(*´ω`*)?

sunnyfunny(@sunnyfunny_cat)・Instagram photos and videos
飼い主さんのInstagramアカウントはこちら!

内容について報告する