猫びより
看板猫は店主の愛情を独占中!【那覇】

看板猫は店主の愛情を独占中!【那覇】

(猫びより 2018年5月号 Vol.99より)

  • サムネイル: 猫びより編集部
  • 更新日:

那覇市の繁華街国際通りから徒歩5分ほどで、焼き物のお店がずらりと並ぶ〝やちむん通り〟の入口にある老舗「つぼや工藝店」に到着。こちらにはイケメンの3代目店主のRyuさんと、彼と強い絆で結ばれたキジ白の看板猫・乱歩ちゃん(7歳♀)がいます。

注意書きのおかげで、今はストレスなく幸せに過ごす乱歩ちゃん

注意書きのおかげで、今はストレスなく幸せに過ごす乱歩ちゃん

店内には日本語と英語で「猫に話しかけるのも、触るのも禁止。ただし写真はOK」という注意書きが。理由を尋ねると「自分が制作に熱中していると、乱歩はすぐそばで見守ってくれるんですが、それが店頭なのでどうしてもお客様の目につくんですよね。他人に触られるストレスで毛が抜けるのもかわいそうで……。これからも乱歩にはストレスなく長生きしてもらいたいので」とのこと。猫の目線に立ったRyuさんの、深い愛情から来た注意書きだったことが判明しました。

Ryuさんの深い愛情がわかる手書きの注意書き

Ryuさんの深い愛情がわかる手書きの注意書き

もともと店の周りには野良猫が多く、最初は店で猫が飼えるとは夢にも思わず、Ryuさんはただ行き交う子猫を眺めていたといいます。そんなある日、いつも見かける子猫に大きな打撲があるのを見つけて動物病院に連れて行きました。Ryuさんと乱歩ちゃんは、その後ふたりきりでお店の地下室で3年間の蜜月を過ごし、一層絆を強くしたといいます。

沖縄のやちむんの魅力をご紹介!

沖縄のやちむんの魅力をご紹介!

相思相愛の店主と看板猫

相思相愛の店主と看板猫

乱歩ちゃんはとにかくRyuさんが大好き! 一旦は自宅に乱歩ちゃんを置いて店に出ていたそうですが、Ryuさんが帰るまで鳴き続け、ストレスで胃液を吐くようになったので、今はふたり仲良くお店で過ごしています。

「気品のある乱歩ちゃんに夢中」とRyuさん

「気品のある乱歩ちゃんに夢中」とRyuさん

今もRyuさんが制作に没頭していると嫉妬して怒るという乱歩ちゃん。これまで3回だけ商品を壊したそうですが、その内2回はRyuさんの大切な作品だったというのも妙に納得。いつでも、どこでも、そしていつまでもRyuさんの愛情を一人占めしたい乱歩ちゃんなのです。

晴れた日は近所のパトロールへ

晴れた日は近所のパトロールへ

つぼや工藝店

つぼや工藝店


沖縄県那覇市壺屋1-8-6
TEL 098-861-5514
営業時間/10:30~18:30
定休日/不定休
Instagram:ryu.pottery

取材・平野敦子

内容について報告する