猫びより
レトロ喫茶で優しい店主と看板猫2匹に出会う【金沢】

レトロ喫茶で優しい店主と看板猫2匹に出会う【金沢】

(猫びより 2018年11月号 Vol.102より)

  • サムネイル: 猫びより編集部
  • 更新日:

金沢市内にある尾山神社の神門へと続く階段横にある「喫茶 岸」。店主の蚊爪(かがつめ)雅代さんが50年近く営む喫茶店には、キジトラの看板猫チロちゃん(16歳♀)と、背中に肉球模様のある白とグレーのあやめ君(1歳♂)が。

まるで肉球のような不思議な模様が素敵

まるで肉球のような不思議な模様が素敵

「あやめは去年5月のあやめの季節にお客様から引き取ったんです。メスだと思って名付けたら、後からオスだとわかったの」と笑う雅代さん。

気が向いた時だけお店にいるあやめ君

気が向いた時だけお店にいるあやめ君

もともと猫好きではなかったものの、店の前で拾い19歳で永眠した初代看板猫のミーちゃんと暮らして以来猫の魅力にハマり、すっかり猫好きになったという雅代さんは、まさに「お母さん」と呼びたくなるような優しい雰囲気の女性です。

共にしっかり者のチロちゃんと雅代さん

共にしっかり者のチロちゃんと雅代さん

新参者のチロちゃんとあやめ君の仲は微妙で、遊びたい盛りのあやめ君がちょっかいを出したり、肩を組もうと気安く前脚を伸ばしたりしようものなら、チロちゃんのシャーというお怒りが。それでもまったくへこたれることなく、毎回叱られているあやめ君。

雅代さんが淹れてくれる美味しいココア

雅代さんが淹れてくれる美味しいココア

チロちゃんは自由に店内と外を出入りしていたものの、最初はあやめ君は外に出さずにいたところ、外に出たいと鳴くようになったとか。試しに外に出してみたところ、チロちゃんはもとより、お店の周りに4~5匹いる野良猫さんたちの中でも、ちょくちょく店の中に入って来る大きな茶トラのチャー君をはじめ、みんなでお外デビューを見守ってくれたといいます。

尾山神社は鳥居と洋風建築の組み合わせが特徴

尾山神社は鳥居と洋風建築の組み合わせが特徴

「この店を長くやってこられたのも猫たちのおかげ」と語る雅代さんと、賢く美しい看板猫2匹に会う旅に出るのもいいかもしれません。

喫茶 岸

石川県金沢市尾山町12-15
TEL 080-4265-8494
営業時間/10:00~21:00
定休日/日曜

取材・平野敦子

内容について報告する