【ハンデだって個性に変わる】ミルクボランティアの家で里親を待つ子ネコ。最後の1匹になったけど…!

ミルクボランティアに引き取られた5匹のニャンコ。その中で、ちょっぴりハンデを持ったキジトラの男の子。センターのスタッフさんやミルクボランティアさん、一緒に暮らす仲間たち、沢山の人に支えられ、運命の出会いを見つけることができました。

  • サムネイル: 大橋 ぺっち
  • 更新日:

ずっとのお家見つけたよ♪

Instagramユーザー@fugsayaさんはミルクボランティアの活動をしているお宅。
お家には里親を待つ子ネコたちが仲良く暮らしています。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

生後3ヶ月ほどでこのお家にやってきた5匹の子ネコたち。

ここでは迎えた子たちを新入生、お家が見つかった子を卒業生と呼んでいます。
なんだか子ネコの学校みたい。
今回やってきた新入生たちはミルクは卒業している子ネコたちで、社会化を学ぶために入学してきました♪

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

みんな仲良くごはんの時間♪

ご飯を食べたり遊んだり、ずっとのお家が決まるまではみんな一緒。まんまる頭にピンッとたったお耳が可愛すぎますね( ´∀`)

今回、そんな5匹の中からご紹介するのは…

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

キジトラの「かるたくん」♪

かるたくんは見てのとおり、お顔が右に傾いています。
先天的なものか骨に菌が入ってしまったか、もしくは幼い時に何らかの強い衝撃を受けたのか…。はっきりした原因は分かりませんが、他の子と比べると少しだけハンデを持っているようです。

しかし、そんなことはなんのその!!

かるたくんは他の子と変わらず元気いっぱいに過ごしています!!
性格もよく、部屋に行くと真っ先に飛んできてくれる男の子なんですって♡

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

右下がりのかるたくんなので、猫じゃらしを左に誘導してリハビリにも励みます!(本猫は遊んでいるだけ)

ちょっと傾いているだけ。
ただそれだけで、他の子と何ら変わらない生活ができるのです♪

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

くかーーーーっ(。-ω-)zzz

いっぱい遊んだ後は@fugsayaさんの腕の中でスヤスヤ。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

こんなに可愛くて天使のような寝顔のかるたくんですが、お家に来た頃はウールサッキングやトイレ砂をかじってしまうストレスサインもありました。しかし、センターのスタッフさんや温かい愛情をもらうことで徐々にそのような行動は無くなっていったそうです。

※ウールサッキング = 羊毛(ウール)をしゃぶる(サッキング)という意味。原因は解明されていませんが、早期離乳や心の病が原因とも言われています。

しかし、やはり他の子と比べ卒業が遅れてしまい、とうとう最後の1匹になってしまいました。

そんなとき、かるたくんに運命の出会いが…

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

この日は@yumiko3300さんとのお見合いの日。

@fugsayaさんもかるたくんのずっとのお家を見つけるため、真剣に希望者さんと向き合いました。少し不安な気持ちもあったようですが…、

@yumiko3300さんの気持ちははじめから決まっていたようです♡

そして…

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ついに、“ずっとのお家”を見つけたかるたくん!!

晴れて卒業することができました♡

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

新たなスタート

かるたくん改め、「琥珀くん」!!

新しいお家で甘えん坊を発揮しています♡

兄弟たちとはバラバラになってしまったけれど、新しい名前をもらい、自分だけの家族を見つけることができました♪

ミルクボランティアさんは、センターや保健所から子ネコを引き出して里親さんとの橋渡しをしてくれる大事な存在。琥珀くんが元気に卒業できたのはいろんな人たちの支えあってこそなんですね。

これからも愛情をたっぷりもらってずっとずっと可愛がってもらってね。

ミルクボランティアさんのInstagramアカウントはこちら!
出典:nekodea*宿と猫(@fugsaya)| Instagram
飼い主さんのInstagramアカウントはこちら!
出典:@yumiko3300 | Instagram

内容について報告する