サバトラってどんな柄? キジトラや茶トラとの違いについて
出典 : Xseon/Shutterstock.com

サバトラってどんな柄? キジトラや茶トラとの違いについて

さまざまな色や柄がある猫の毛皮ですが、それぞれの柄に呼び名があるって知っていましたか? サバトラとは、灰色のシマ模様の呼び名です。ここでは、サバトラの特徴やほかの柄との見分け方、猫の模様についての豆知識を紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

サバトラとは

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Olha Tsiplyar/Shutterstock.com

サバトラってどんな柄?

サバトラとは、明るい灰色のベースに、黒っぽいシマ模様が入った毛色のことをいいます。人気の猫種、アメリカンショートヘアに色あいがよく似ており、猫らしいシマ模様がチャーミングなので、サバトラ柄の猫も昔から根強い人気があります。一口にサバトラと言っても、クッキリとシマ模様が出ているものから、模様が薄くぼんやりとしたものまで、毛色は様々です。サバトラ柄の猫のお腹や手足の部分だけが白い場合は「サバトラ白/サバ白」などと呼んだりもします。これらは雑種の日本猫にもごく普通にみられる柄なので、里親募集サイトなどでも出会うことができます。

アメリカンショートヘアとの違い

アメリカンショートヘアの柄の正式名称は「シルバークラシックタビー」と言い、サバトラの柄は「シルバーマッカレルタビー」と言います。これら2つの柄は、色はかなり似ていますがシマ模様の入り方が少し異なっています。胴体部分を横から見た時、大きなうずまき模様になっているのがアメリカンショートヘアの「シルバークラシックタビー」、虎のようなシマ模様になっているのがサバトラの「シルバーマッカレルタビー」です。

キジトラや茶トラとの違い

そもそもサバトラの「トラ」とは虎の模様のことを意味します。つまり、サバトラ・キジトラ・茶トラは全て同じ模様の色違いなのです。これらの柄では、全て胴体の横部分に虎のようにシマ模様が入っています。それぞれ、サバトラは灰色に黒っぽいシマ、キジトラは茶色に焦げ茶のシマ、茶トラは薄茶色に茶色のシマ模様を指します。

猫の模様についての豆知識

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Ben Schonewille /Shutterstock.com

猫の模様は遺伝する?

猫の毛皮の柄は、色や模様、長さや毛質を決めるための何種類もの遺伝子が複雑に関わり合うことで決まっていきます。両親からどんな組み合わせの遺伝子を受け取って生まれてくるかは、一匹いっぴきの運次第です。同じ組み合わせの父猫と母猫から生まれた兄弟猫でも、みんなそれぞれ違う柄をしていることも珍しくありません。したがって、親猫の柄から生まれてくる仔猫の柄を推測するのはとても難しいことなのです。

サバトラの性格とは

はっきりとしたことはわかっていませんが、猫の模様は性格にも関係しているのではないかと言われています。サバトラ模様の猫は、おっとりして人見知りしないタイプの猫と、やや怖がりで慎重なタイプの猫に大きく二分されるようです。もちろん個体差はありますし、育った環境によって性格は変わってくるので一概には言えませんが、サバトラの猫を家族に迎える際には少し参考にしてみてはいかがでしょうか。

内容について報告する