【猫のしつけ】 立入禁止を教えることはできる? できない?

【猫のしつけ】 立入禁止を教えることはできる? できない?

「火を使うキッチンには入ってほしくない」など、猫に“立入禁止”を教える方法を解説します。

  • サムネイル: Sesa3
  • 更新日:

なかなか難しい “ 立入禁止のしつけ ”

火を使うキッチンなど、猫に“立入禁止”を教えることに苦戦している飼い主さんも多いはず。特に猫はジャンプ力があるため、少し柵を置いただけではすぐに飛び越えられてしまいます。

猫たちにはできるだけ自由にのびのび過ごしてもらいたいものですが、どうしても立入禁止を教えなければならないとき、どうすればいいのでしょうか?

「あそこは嫌な場所」 と覚えてもらおう

猫たちは、不快なことが大嫌いです。そして、嫌な出来事を良く覚えています。この習性を利用して、立ち入らせたくない場所を「あそこは嫌な場所」と覚えてもらうのが有効です。

猫が入ってきてしまっては危険な場所や飼い主さんの大切なものが保管されていてイタズラされたくないお部屋などを「嫌な場所」と認識してもらうには……

・ガムテープを貼ってみる
・アルミホイルを置いてみる
・市販で売っている猫の嫌いな匂いスプレーをかけてみる

など……

ただし、これらのことを試しても、へっちゃらな猫たちもいます。

そのため、いろいろと試しながら猫たちに立入禁止を覚えてもらうことが必要ですが、うかつに猫に大きなストレスを与えたり、猫をビックリさせたたりする方法をとると、下手すれば人間嫌いに結びつくこともあります。

根気と本気度を伝えること

普段怒るとき、優しい声で怒っていませんが?
怒るときは、低い声で、本気で怒っていることを伝えなければいけません。
また、色んな言葉を使うと猫も混乱してしまうので、一つのワードに絞りましょう。
「NO!」とか「ダメ!」とか「いけない!」など……

ただし、色々な方法を試したけれど、立入禁止をなかなか覚えてくれない子もいます。

危険な場所に行けないように、または脱走防止のため、思い切ってリフォームをすることも最終手段としてありますね。
物理的にいけなくするためのリフォームは経済的にも大変なことなので、まずはお家に迎えてからのしつけがとても大切です。
元々入ってはいけないお部屋には入れないことをお勧めします。また入れてしまう場所に関しては、他のお部屋の方が楽しいと思ってもらえるよう、オモチャでいっぱい遊んであげたり、オヤツがもらえる部屋が別にあると、そちらにはいかなくなるかもしれません。

猫はその自由気ままなところに魅力があるので、あまり行動を制限したくはありませんが、危険や事故を防ぐためにはやむをえないですね。

内容について報告する