猫が涙を流している! 泣く理由と、注意すべき「涙やけ」

猫の大きな目が涙で濡れている…。泣いているの? それとも何かの病気? 目やに、鼻水を伴うものなら思わぬ病気が潜んでいるかもしれません。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

猫が涙を流す理由

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

vsnyder88/Shutterstock.com

人間と違い、猫が悲しくて涙を流すことはありません。泣いているのではないかと思うほど、目のまわりが涙で濡れていたら、それは病気のサインです。一時的に塵やほこりが入った程度の涙なら心配ありませんが、いつまでも治まらない涙はそのままにしておくと重症化する恐れもあります。

涙は上瞼にある涙腺から絶え間なく分泌され、目が乾燥しないよう常に目の表面を潤しています。その後、涙小管、涙嚢、鼻涙管を通って鼻の奥へと排出されますが、その過程でどこかが詰まってしまうと涙は正常に排出されません。また、涙の量があまりにも多いと排水が追いつかず、涙が止まらない状態になってしまいます。これを「流涙症」といいます。

目からあふれる涙の量が増える原因は、大きくわけて2つあります。

涙の増加によるもの

基本的に涙が増える時は、目に何らかの刺激がある時です。目に刺激を与える原因になるものには、外部からの刺激(ゴミや毛などの異物、アレルゲンなど)、目の疾患(角膜炎や結膜炎、眼瞼炎、緑内障など)、目の近くの疾患(口腔内疾患、鼻腔疾患など)などが考えられます。

涙の排泄障害によるもの

涙の量は多くなくても、うまく排泄されないために目からあふれてしまうことがあります。通常、涙は目と鼻をつなぐ鼻涙管を通って鼻に流れる仕組みになっていますが、ここに異常があると涙がうまく流れず目からあふれます。先天的に排泄経路が未熟であるケース、後天的に流れが悪くなってしまうケースなどがあります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

vadimmva/Shutterstock.com

猫の流涙症の治療方法

外部からの刺激によるもの

ゴミや毛など、目に異物が入った場合は、取り除きます。ゴミの場合は目薬で洗浄します。逆まつげや毛が原因の時は目の周辺の毛をカットしたり、手術を行うこともあります。アレルゲンの関与が疑われる場合は定期的な点眼などが必要となることもあります。

目の疾患、目の近くの疾患によるもの

目にどのような疾患があるのかを確定してから、それにあった治療を行います。眼瞼内反症、角膜炎、結膜炎、眼瞼炎、鼻炎、副鼻腔炎などを患っている場合は、それら基礎疾患の治療を優先的に行います。抗生剤、人工涙液、消炎剤、保護剤などの点眼薬が用途によって使用されることが多いでしょう。また、目の付近の疾患に関しても同様に原因に見合った治療が必要です。排泄経路が開いていないなど、先天的な要因が原因の時は、手術によって穴を開けることもあります。

流涙症や涙やけを予防する方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

bmf-foto.de/Shutterstock.com

流涙症をそのままにすると、涙で濡れたところが黒や赤茶色に変色する「涙やけ」を起こしてしまいます。そうなる前に、涙や目やにが見られたら、湿らせたコットンやガーゼを使ってこまめに取り除き、目のまわりを清潔に保つよう心がけましょう。それでも改善が見られない時は、原因に応じた治療が必要になってきます。

流涙症やそれが原因で起こる涙やけは、猫によく見られる症状ですが、涙の陰にどんな病気が潜んでいるかわからないので侮ってはいけません。よく観察して、悪化するようであれば、早めに獣医師に診療してもらいましょう。

内容について報告する