アメリカン・コッカー・スパニエルの飼い方としつけについて 基本を知って仲良くなろう
出典 : lkoimages/Shutterstock.com

アメリカン・コッカー・スパニエルの飼い方としつけについて 基本を知って仲良くなろう

18世紀にイギリスからアメリカへと渡り、人気の犬種となったアメリカン・コッカー・スパニエル。ディズニー映画のヒロインにも抜擢されるなど、その可愛らしさは抜群です。ここでは飼い方やしつけについてみていくことにしましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

アメリカン・コッカー・スパニエルの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Liliya Kulianionak/Shutterstock.com

アメリカン・コッカー・スパニエルは、もともとは鳥猟犬だったこともあり、大変活発で明るく陽気な性格をしています。原産国アメリカでは、その陽気さから「メリーコッカー(陽気なコッカー)」と呼ばれています。人間のことが大好きで、非常に人懐っこく甘えん坊。子どもたちともよく遊び、お年寄りとも仲良くすることができます。家族以外の人間や動物に対してもとても友好的なので、アメリカン・コッカー・スパニエルの周りはいつも笑顔があふれる空間になるでしょう。

アメリカン・コッカー・スパニエルとの付き合い方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Eudyptula/Shutterstock.com

アメリカン・コッカー・スパニエルは、活発で運動や遊びが大好きな犬種なので、毎日の運動が不可欠です。朝晩2回のお散歩が理想的ですし、定期的にドッグランに連れて行くなどして、自由に動き回らせてあげるのもいいでしょう。もとは猟犬なので毎日の運動量には注意し、運動不足にならないように気をつけてください。長く優雅な被毛が特徴的なアメリカン・コッカー・スパニエルは、夏場の暑さがとても苦手なので、朝夕の涼しい時を狙って散歩に連れて行ってあげましょう。また、こまめにブラッシングやトリミングをしてあげることで、より快適に過ごしてくれます。

アメリカン・コッカー・スパニエルは、人懐っこく甘えん坊なので、一緒に遊んであげるのが一番です。逆に言うと、とても長い時間一人で留守番させたりすると、寂しさやストレスから元気がなくなってしまうことがあります。一人だけの時間をなるべく減らし、飼い主や家族と一緒に過ごせる時間を多くとってあげるようにしましょう。

アメリカン・コッカー・スパニエルのしつけ・トレーニング

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 WilleeCole Photography/Shutterstock.com

アメリカン・コッカー・スパニエルは、飼い主との深いつながりを求める犬で、やさしく穏やかです。もとは鳥猟犬だったこともあり、注意力や洞察力に優れ、学習意欲も高いといわれています。

一方で、臆病な面もあるので、仔犬の頃から家族はもちろん、赤ちゃん、子ども、お年寄り、男の人、女の人、他の犬など様々な人や犬に早い段階から慣らし、必要以上に警戒心が強まらないようにしましょう。

アメリカン・コッカー・スパニエルはとても活発で、散歩や遊びが大好きです。「待て」や「おあずけ」などの基本的な指示も、遊びながら教えると効果的といわれています。犬が学びやすい環境を整えて、しっかりとしつけに取り組みましょう。上手くできた時には、思いっきり褒めてあげることも忘れずに。
しっかりと向き合ってコミュニケーションをとれば、日々の生活の素敵なパートナーとして、仲良く暮らしていくことができるでしょう。

内容について報告する