スコティッシュフォールドってどんな性格? 付き合い方やお手入れについて
出典 : zossia/Shutterstock.com

スコティッシュフォールドってどんな性格? 付き合い方やお手入れについて

小さくたたまれた耳とまん丸の顔が可愛いスコティッシュフォールドの性格や飼い方、お手入れの方法などについて紹介します。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

スコティッシュフォールドの性格は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Vilarkan/Shutterstock.com

スコティッシュフォールドは、その顔立ちからも分かるように、一般的に穏やかで人懐こく、家庭的な性格とされています。
小さな子どもやほかの動物との相性も良く、どんな環境にも適応するので、ペット初心者の方でも飼いやすい品種です。

スコティッシュフォールドとの楽しい付き合い方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Shutterstockphoto3/Shutterstock.com

スコティッシュフォールドはのんびりした性格ですが、好奇心も強く遊ぶことが大好きです。キャットタワーや遊ぶためのおもちゃ、爪とぎなどを用意してあげて、ストレスを発散させてあげましょう。寂しがり屋の一面もあるので、お留守番の後などは猫じゃらしなどで遊んであげてコミュニケーションをとるのもよいでしょう。

スコティッシュフォールドのお手入れの仕方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Osipovfoto/Shutterstock.com

スコティッシュフォールドには長毛タイプと短毛タイプがいます。
基本的に短毛タイプは1日に1回程度、長毛タイプは1日に2~3回程度、定期的にブラッシングを行い、被毛の健康を保ちましょう。
また、耳のお手入れも大切です。とくに折れ耳タイプでは耳掃除を丁寧に、折れ曲がっている部分のメンテナンスもしてあげましょう。

スコティッシュフォールドの歴史は、1961年にスコットランドで見つかった「スージー」という耳の折れた一匹の白いメス猫から始まったといわれています。耳の軟骨奇形という突然変異で起きたスージーの折れ耳でしたが、その後アメリカで繁殖プログラムが組まれ、現在のスコティッシュフォールドが誕生しました。軟骨に奇形を起こさせる遺伝子を持っているので、折れ耳(=耳の奇形)のスコティッシュフォールド同士を交配させると、耳以外にも奇形を伴うなどの危険性が高くなります。

お手入れする際など、日頃から猫をよく観察し、何か異常が見られた場合は早めに動物病院を受診するなど、健康的な毎日を過ごせるようケアしてあげましょう。

もちろん猫には個体差があり、性格やカラダつきも様々です。お迎えした猫としっかり向き合って、楽しい猫ライフを過ごしてください。

内容について報告する