【犬の留守番】トイプードルに長時間留守番をさせる方法

【犬の留守番】トイプードルに長時間留守番をさせる方法

今回は、トイプードルに留守番をさせるときに意識すべきポイントとしつけの方法をご紹介します。これであなたの家のトイプードルも留守番上手に?

  • サムネイル: watapachi
  • 更新日:

もくじ

1.トイプードルって留守番は得意なの?

2.長時間の留守番は大丈夫?

3.トイプードルに留守番をさせる実践まで

1.トイプードルって留守番は得意なの?

まず、そもそもトイプードルは留守番は得意なのでしょうか?

・人懐っこい(社交的)
・穏やか
・活発かつ温厚な性格
・学習能力が高い

非常に友好的な犬種といえるでしょう。しつけもしやすいです。

■トイプードルは留守番が苦手?

トイプードルのような甘えん坊な性格の犬種は、お留守番が苦手な子が多いようです。
「分離不安」に陥ってしまう子も珍しくありません。

※症状が酷い場合は、獣医師さんに相談することをオススメします。

トイプードルは留守番が苦手と紹介しましたが、どんな犬でもいきなりの留守番は難しいです。

それは犬へのストレスも考えてなるべく避けるべきですね。

2.長時間の留守番は大丈夫?

では、トイプードルは長時間の留守番はできるのでしょうか?

■いきなり長時間は無理!

いきなり長時間のお留守番をさせてしまうと、ワンちゃんの不安が一気に大きくなってしまいます。
一度そのような経験をしてしてしまうと、不安を取り除く事に大変な時間がかります。

ですので、お留守番の練習は、必ず短時間から始めるようにしましょう。

徐々にしつけを行うことで、トイプードルでも長時間の留守番が可能になるみたいですね。

愛犬と一緒に練習をしていきましょう!

■飼い主が犬に理解させるべきポイント

・お留守番は怖くない

・お留守番をするといいことがある

・お留守番の合図を作らない

・必ず飼い主さんは帰ってくる

・普段から飼い主さんとの程よい距離が取れている

犬が留守番を苦手になってしまう理由は、飼い主のしつけの仕方に問題がある場合もあります。

このポイントをしっかり押さえましょう!

3.トイプードルに留守番をさせる実践まで

さあ、いよいよ留守番の実践です。

どんな犬でもいきなり留守番は難しいので、まずは実践に近いしつけを行います。

■犬をハウスであるケージなどに入れる

広めのケージを用意しましょう。
長時間ケージの中にいるわけですから、ワンちゃんになるべくストレスの無い環境を作っておくことは重要です。
普段遊んでいるオモチャや、飼い主さんの臭いの付いたタオルなどを入れておくのもいいでしょう。

■犬の視界から消える

まずは短時間からトレーニングを始めます。
初めは、飼い主さんがドアから出て、すぐに戻る動作を繰り返します。
吠えたりせず、いい子にできたら優しく褒めて挙げましょう。
このトレーニングによって、飼い主さんが外に出て行っても、帰ってくることを認識させます。

■犬の視界から消える時間を長くする

徐々に間隔を長くしていき、お留守番に慣らしていきます。

■ごほうびをランダムにする

「行ってきます」など、お留守番の合図を作ってしまうと、不安になってしまうワンちゃんもいるので、声はかけないように心がけます。

トレーニングは根気のいることですが、できるようになることで、お互いのストレスが軽減されます。
これを繰り返し練習すれば、あなたの家のトイプードルも長時間の留守番が出来るようになるかもしれません!

今回はトイプードルの留守番時間について紹介しました。

長時間の留守番には、まずは正しいしつけが必要ですね。

内容について報告する