犬はマグロを食べられる? 与える時の注意点とは

犬はマグロを食べられる? 与える時の注意点とは

お刺身っておいしいですよね。その中でもポピュラーなのが、マグロ。お刺身を食べていると、犬がもの欲しそうに見てくる。そういう場合に与えていいのかどうか、ご紹介します。

  • サムネイル: 関 慶之
  • 更新日:

1.犬にマグロはあげてもいいの?

答え:少量であれば問題ないですが、個体差があります。

マグロはたんぱく質豊富で、学習能力を高めるDHAが多く含まれています。ビタミン類もたっぷり入っていて、生でも、加熱して食べさせてもOK。ただし、生で与えるものはお刺身用の新鮮なもののみにし、もし消化不良を懸念される方は加熱した方が安心でしょう。

犬がマグロを食べることは、条件はあるものの完全にNGではないようです。
日常的に与える、エサ皿いっぱいに与えるという「与え過ぎ」さえなければ大丈夫でしょう。

ベストな使い方としては、日ごろのご飯のトッピングや、しつけのご褒美など。

ただし生のマグロを受け付けない体質の子もいます。初めてあげる時には生でも加熱されていても、少量にし、様子を観察してあげてください。

与えるなら赤身だけにしましょう。
トロは余計な脂肪分が豊富です。胃腸が敏感な子は、トロを食べただけでお腹を壊してしまうケースがあります。ですので、食べさせる場合は赤身一択にしてあげましょう。

あげすぎるとどうなるの?

初めてのマグロだったり、あまりにも食べすぎてしまうと、お腹を下してしまう可能性があります。

どの食べ物でもそうですが、与えすぎはデメリットを生み出します。
特に初めて食べる場合は、要注意。少し食べさせてみて、すぐにお腹が緩くなってしまったら、マグロと相性が悪いと考えられます。そうなったら、マグロを与えないようにしましょう。
犬に危険が及ばない範囲で与えるようにし、何か変調が見られたらすぐに受診するようにしましょう。

2.マグロの危険性

マグロが犬にとって危険なのは、一体どんな部分なのでしょうか。
気を付けたいポイントを知っておきましょう。

マグロで注意したいのは、その水銀濃度です。またアレルギーの原因となるヒスチジンの含有量も多いようです。
生の魚介類に含まれている「チアミナーゼ」という酵素もビタミンB1の吸収を阻害する働きがあり、人間より小さい犬が毎日刺身を食べると、チアミナーゼの影響で脚気のような症状を起こすこともあります。
犬の消化管は人間よりも細いので、マグロやカツオなど、大型魚の骨は細い消化管にひっかかり傷つけてしまうことがあります。

マグロに含まれるアレルギー源は、大量に摂取すれば引き起こされやすいという事になります。
また、骨をしっかり取り除かない場合も刺さって危険という事ですね。
与える場合は量と骨に気を付けてあげると良いようです。

鮮度にも注意しておきたいですね。古くなったお刺身などは、さっと湯に通すなどしてあげると、安心して食べさせてあげられます。

3.与えるときのポイント

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

危険な状況を避けるため、マグロを与える時には次の事を行う方がいいかもしれませんね。

1 火を通し、生で与えないようにする
2 鮮度の悪いものは避ける
3 小骨を取り除き、傷つけないようにする
4 細かくカットし、食べやすくする
5 食べた後に下痢や嘔吐した場合はあげるのをやめる

4.最後に

マグロは加熱した方がより安心してあげられるようですね!
骨を取ってあげたり、小さめにカットなど工夫が必要な食材のようです。
もし、あげてみて犬の体調に異常がみられた場合はすぐ動物病院で診察しましょう。

内容について報告する