猫びより
奇跡の看板猫トム君参上【駒沢大学】

奇跡の看板猫トム君参上【駒沢大学】

(猫びより 2018年1月号 Vol.97より)

  • サムネイル: 猫びより編集部
  • 更新日:

地鶏料理と静岡県焼津直送の魚介が売りの居酒屋「SUIREN(すいれん)」は、東急電鉄田園都市線の駒沢大学駅から徒歩3分ほどの場所にあります。お店に着くと、笑顔がステキなオーナーの中村篤史さんと、小顔にクリクリした大きな瞳がチャームポイントの茶トラのトム君(1歳♂)が仲良くお出迎え。

ナデナデも抱っこもOKの太っ腹。何をされても動じません

ナデナデも抱っこもOKの太っ腹。何をされても動じません

じつはこのトム君、常連のお客様からは「奇跡の猫」と呼ばれて愛されているとか。それもそのはずで、以前腎臓病と診断され、処方食を食べさせていたところ、先日の検査で値が正常値に戻っていたというから驚きです。

身だしなみは完璧

身だしなみは完璧

去年の夏、もともと動物好きの篤史さんがお店の前で車に轢かれた野良猫の供養をしたそうです。その3日後の夜、駐車場で倒れている子猫を発見。せめて供養してあげようと思って抱き上げると、なんとかすかに子猫が動いたそうです。急いで動物病院に駆け込んで一命をとりとめたものの住居はペット不可で、お店も開けなければならず途方に暮れた篤史さん。ダメもとで大家さんに相談したところ、犬を飼っている大家さんは「いいわよ」と二つ返事で子猫を飼うことを許してくれたそうです。

「Instagram:https://www.instagram.com/tomcat.jp/とFacebook:https://www.facebook.com/suirentomcat/もよろしく!」

「Instagram:tomcat.jpとFacebook:@suirentomcatもよろしく!」

それからも苦労の連続で、未熟児で親猫に育児放棄されたらしいトム君は発育不良気味。一日何回もの授乳が欠かせず、お店に連れてきたのがきっかけで、初めて飼う子猫の世話に四苦八苦する篤史さんをお客様がよく助けてくれたといいます。
「トムはみなさんのおかげで大きくなったようなものです。毎週土曜の夜はお客様の家にお泊まりするので、いない時はすみません」とのこと。篤史さんの思いを受け、トム君はおとなしくて人なつこくて愛くるしい、天使のような看板猫に成長しました。

SUIREN

SUIREN


東京都世田谷区上馬4-7-9 クレールメゾン102
TEL 03-5787-8660
営業時間/17:30~24:00
定休日/月2回の不定休

取材・平野敦子

内容について報告する