犬にサバを与えても大丈夫? 犬にサバを与えるメリットや注意点

サバは、日本の食卓ではお馴染みの魚で、塩焼や煮付などにしてよく食べられています。人間にとっては健康にもよいとされていますが、犬にとってはどのような食材なのでしょうか。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

犬にサバを与えても大丈夫?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 nancy dressel/Shutterstock.com

犬はもともと肉食動物だったので、「魚を食べても大丈夫なのか」という疑問を持つ人も多いと思います。犬に魚を与える時の注意点はいろいろありますが、基本的には犬は魚も好きです。最近では、肉に対してアレルギーを持つ犬のために、魚を主成分としたドッグフードも販売されているほどです。

その魚の中でも、日本の食卓に上がることが多いサバ。サバには犬にとって有害な成分は含まれていないため、適量であれば与えても問題ありません。ただし、生魚には寄生虫のリスクがあるので、必ず加熱処理をした上で与えるようにしましょう。また、生魚に慣れていない犬に与えると、体調不良を起こすことがあるので注意が必要です。

犬にサバを与える際は、骨を取り除くか、骨がやわらかくなるまで煮込んだものを与えるようにしましょう。また、大きなまま与えるのではなく、食べやすいようにカットして与えてください。大きさによっては、サバの身が喉に引っ掛かってしまうことがあります。

犬にとってのサバの効能、そしてサバの注意点は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 JIL Photo/Shutterstock.com

魚には様々な栄養素が含まれていますが、おもなものは次の4つです。

●カルシウム
●動物性たんぱく質
●タウリン
●オメガ脂肪酸

魚には、カルシウムや動物性たんぱく質が豊富に含まれています。とくに、動物性たんぱく質はエネルギー源になりますし、カルシウムは歯・骨を丈夫にします。

また、タウリン・オメガ脂肪酸は、動脈硬化や心臓疾患など生活習慣病の予防に有益だといわれています。そして、魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった、ほかの食材では摂取しづらい成分が含まれていることも特徴です。

このように、サバは健康によい魚ですが、サバ科の魚では、鮮度が低下したものを食べた時にヒスタミン中毒が起こることが知られています。このヒスタミン中毒は加熱などをしても防ぐことができないため、非常に注意が必要です。

また、良質なフードをしっかり食べている場合は、それ以外の食事は基本的に必要ありません。ほかの食べ物を与えることで、それまで食べていたフードを食べなくなることもあります。食欲が落ちていて、とにかく何か食べさせたいと考えている時などに参考にしてください。

内容について報告する