室内犬にも首輪は必要? 首輪を付けるメリットとおすすめショップの紹介
出典 : Morgentau/Shutterstock.com

室内犬にも首輪は必要? 首輪を付けるメリットとおすすめショップの紹介

室内犬の飼い主の中には、散歩の時だけしか首輪を付けないという人も多いのではないでしょうか。でも、首輪は緊急時に犬を守る大切なアイテムなので、普段から付けておくのがベストです。ここでは、室内でも付けていたくなる、快適でおしゃれな首輪の選び方について紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

室内犬に首輪は必要?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 rodimov/Shutterstock.com

1日の大半を家の中で過ごす室内犬には、首輪はいらないと考える飼い主も少なくないでしょう。しかし、ドアやベランダの窓を開けた隙に犬が脱走してしまった時、首輪を付けていないと野良犬と見分けがつかないので危険です。また、地震や火事などで避難が必要になった時も、パニック状態の犬をなだめて首輪を付けるのは非常に大変。普段から首輪を付けておく習慣が、万が一の時、飼い主や犬の命を救うことにつながります。

首輪の素材

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 STUDIO 11/Shutterstock.com

首輪の素材には様々な種類がありますが、よく用いられるのはナイロンと革です。ナイロン製の首輪は、とても丈夫で劣化しにくく、しかも軽いため普段使いには最適です。サラッとしていて蒸れにくいため、犬にとっても不快感が少なく済むことでしょう。一方、革は丈夫で肌への当たりがやわらかく、使うほどに風合いに味わいが出てくる素材です。革は雨などに濡れるとカビたり劣化したりするという弱点がありますが、室内使いなら濡れる心配もあまりないので安心です。

室内でも付けたくなる! おしゃれな首輪を販売しているショップ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 InBetweentheBlinks/Shutterstock.com

ずっと付けておく必要があるからこそ、愛犬にぴったりのデザインの首輪を選びたいですよね。室内用の首輪は散歩用の首輪と違い、耐久性や機能性をそこまで求める必要はないため、デザイン重視で選ぶことができます。最近ではネットで検索すれば、ネット通販で犬の首輪を販売している専門店がたくさん見つかるようになりました。こういった専門店では、自分で好みの生地やベルトのタイプを選んでセミオーダーできる場合もあるので、世界に一つだけのこだわりの首輪を作ることができます。衣服を身に付けることが苦にならない犬であれば、可愛い柄のスカーフが付いたタイプの首輪や、フリルが付いた首輪などを使うのも楽しいですよ。

トコトンおしゃれにこだわる飼い主なら、人間用の超高級ブランドが犬用首輪を販売していることもよくあるので、そういったものにチャレンジしてみてもよいかもしれません。

ただし、室内用のファッション性が高い首輪には耐久性が低いものもあるので、そういった首輪を付ける場合は、散歩の際に耐久性のある首輪に付け替えることをおすすめします。

犬の身の安全を考えれば、散歩中だけでなく家の中でも首輪を付けておきたいものです。ただし、まれにアレルギー体質の犬もいるので、新しい首輪を初めて付ける時には、肌に異常が出ないかどうか、しばらくの間はこまめにチェックしてあげるようにしてくださいね。

内容について報告する